頚椎椎間板ヘルニアで仕事やめました

ホルモンバランス

頚椎椎間板ヘルニアで仕事やめました

頚椎椎間板ヘルニアと診断されたのは2013年の3月の初旬ごろです。
3月に入りようやく少しずつですが、暖かい日も出てきたころですが、私は
毎年のように3月から4月ごろにかけて、少しずつ暖かくなって精神的には
楽になるんですが、体のネジが緩むような感じで腰痛などが特に出ます。

 

 

私は腰にも持病がありまして、腰椎椎間板も加齢のせいでかなり変形をしていまして
年に1度や2度は必ずと言っていいほど腰痛に悩まされます。頚椎椎間板ヘルニアは
以前からあったとは思いますが、症状として現れたのは今回が始めての事でした。

 

 

最初は以前にもあったんですが、朝起きたら首が回しずらくなっていて、これは
多分寝違いたのだと思いました。しかし寝違いだったら普通は3〜4日ぐらいで
痛みはほとんど取れるんですが、日増しに痛みが増してきまして、仕事も週に3日
ほど、していたので、仕事に支障を来すと思い何度もお世話になっている近くの
整形外科に受診をしました。

 

短い問診のあとにレントゲン写真を撮りまして、結果は
第五頚椎と第六頚椎の間にある椎間板が変形してヘルニアが飛び出し神経を圧迫して
いると言うことでした。しかしこのヘルニアは今始まった事ではなくて以前から
この変形はあったと言う事でした。つまりヘルニアの症状は以前からあったのですが
痛みが出ていなかったと言う事らしいです。

 

腰椎もそうですがヘルニアの症状が
あっても必ずしも痛みが出るとは限らないらしいですね。この辺が真に痛みのメカニズム
の解明が難しいところだそうです。私が行った整形外科では投薬ももちろんありますが
患部を温めたり牽引したりするリハビリですが、私の頚椎治療は首の後ろを10分ぐらい
暖めることでした。

 

それでも終わった後は血行も良くなってずい分と楽になりましたね。
ピークの痛いときは右手がほとんど上がらずに車の運転の時も右手でハンドルを持って
いられなくなるほど、痺れと痛みで大変でした。又ウォーキングも週に3〜4回は
しているんですが、右手を振れないほどの痛みがありました。今は本当に懲りましたので
毎日首を少しずつ鍛えながらと体のストレッチを欠かさずに実行してます。